検索
  • 東協設備株式会社

最近よく見る………

寒い日が続いてますね。

これから雪が降ると思うと………( ;∀;)



最近虹をよく見ます。


めったに見ないものだから続けてみると何か良いことがおきそうですね( *´艸`)



実は、虹を簡単に見つけることができる3つの秘密があるんです。これさえ知っていれば、だれでも虹が出る瞬間を言い当てることができますよ!


①虹は、太陽が無いと絶対に見ることができない。

そもそも、虹ってなに?その答えは、太陽の光です。

太陽の光が雨粒に差し込み、雨粒の中で反射・屈折して七色に分かれて見えています。

近くにある雨雲から振る無数の雨粒たちをスクリーンにして、美しく姿を変えた太陽の光が、虹として現れています。

反射・屈折…理科の授業を思い出してください。コップにストローを入れて上からのぞくと、まっすぐなはずのストローが曲がって見えるあの現象です。虹が現れるときは、あの現象が無数の雨粒の中で起こっているんです。つまり、私たちが見ていた「七色の虹」は、雨粒に反射した太陽の光だったんです。それがアーチ状にあらわれるなんて、なんとも不思議でロマンティックですよね!


②虹にとって必要な条件は、「晴れ→雨→晴れ」と続く空模様

虹の正体は、雨粒に反射した太陽の光だとお伝えしました。

つまり、雨と太陽の光が無いと、虹は現れないということです。

たとえ雨が上がっても、どんよりして日が差し込まなければ、虹は現れないんです。

虹が現れるには、「晴れ→雨→晴れ」の空模様が絶対の条件です。

神様の気まぐれのような虹のそんな条件さえ知っていれば、現れる瞬間をピタリと言い当てるのも難しくないかもしれません。


③立派な虹が見れる絶好のチャンスは、夕立後の東の空!

「晴れ→雨→晴れ」と続く空。

その中でも、立派な虹が見れる絶好のチャンスがあります

それは、みんなが嫌がる「夕立」です。

夕立とは、夏の午後から夕方にかけ,にわかに降り出すどしゃぶり雨のこと。

短時間に大量に降る雨、夏の強い日差し……。夕立は、虹が作られるには、もってこいの条件だったんです。また、夕暮れ時には太陽は西にあります。なので、「東の空」に虹がかかる可能性が高いので、これもまたチェックしてみてくださいね!

0回の閲覧
CONTACT

​東協設備株式会社

〒965-0056  福島県会津若松市金川町10-44

Tel 0242-24-8904  Fax 0242-24-8952

  • White Facebook Icon
  • White Google+ Icon
  • White Instagram Icon