検索
  • 東協設備株式会社

水道管凍結防止と凍結したときの対処法


凍結の目安となる気温・凍結しやすい場所気温

「マイナス4℃以下」 マイナス4℃以下になると水道管の凍結や蛇口の破裂が多く発生しますので、天気予報で低温注意報が発表されたときにはご注意ください。


凍結しやすい場所

水道管がむき出しになっているところ (給湯器に接続している配管等)

水道管が戸外や北向きの日陰にあるところ (散水栓、湯沸かし器の元栓等)

北向きにある水まわり (洗面所やトイレの蛇口等)


水道管の凍結を防止する方法


1.保温材の取付け 屋外のむきだしになっている配管や散水栓には保温材の取付けが効果的です。ただし、古くなり表面のテープ等が損傷すると効果が薄れることから、取替えをおすすめします。さらに、凍結防止には凍結防止ヒーターの取付けがより効果があります。






2.少量の水を出しておく・水を抜く。 蛇口や水道管が凍らないために、就寝前に鉛筆の芯の太さく らいの水を出しておく。





3. 一晩中「追い炊き状態」にしておく 屋外の給湯器(またはボイラ―)付近の凍結防止として、風呂水を循環口より少し高い位置まで排水し、風呂温度を最低(35度程度)に設定し一晩中「追い炊き状態」にしておく方法もあります。なお、蛇口を開いて浴槽にお湯をはるタイプのものでは、この方法はできませんので注意してください ※最近の種火のない給湯器では「リモコンの電源を入れておく」だけで、外気温が低下すると自動的に「凍結防止ヒーター」が作動するものがありますので、電源を入れたままご就寝ください。 詳細は取扱い説明書で確認するか、 設置した工事店にお問い合わせください。





水道管が凍ってしまい、 水が出なくなったときの対処法

1.蛇口や凍結している配管にタオルをかぶせ、その上からゆっくりと「ぬるま湯(50℃程度)」をかけて溶かします。

※ 急に熱湯をかけると、蛇口や水道管が破裂することがありますので、注意してください。 (凍結している箇所に直接熱湯をかけると、 ガラスのコップと同じように破損する場合があります。)

2.その他の方法として、 ドライヤーの温風を凍結した部分に当てる、 室内であれば暖房を入れて部屋を暖める、カイロなどの低温の暖房部材を凍結した部分に当てる等があります。




0回の閲覧
CONTACT

​東協設備株式会社

〒965-0056  福島県会津若松市金川町10-44

Tel 0242-24-8904  Fax 0242-24-8952

  • White Facebook Icon
  • White Google+ Icon
  • White Instagram Icon